MENU

F EAGLES NAGOYA

MENU

NEWS

HOME>ニュース>B.LEAGUE「クラブライセンス第2回判定結果」のお知らせ

B.LEAGUE「クラブライセンス第2回判定結果」のお知らせ

いつもFイーグルス名古屋に熱い声援をいただき、ありがとうございます。

本日、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)より、
来シーズン(2018-19シーズン)における「クラブライセンス第2回判定結果」が公表されましたので、お知らせいたします。

Fイーグルス名古屋は、かねてよりB1ライセンスの取得を申請しておりましたが、
B1ライセンスの施設基準である5,000人収容のアリーナ確保について、現時点では課題が残るとの判断がなされ、
来シーズン(2018-19シーズン)は「B2ライセンス」の判定となりました。

今後も引き続き、B1ライセンスの取得に向け、アリーナ確保に向けた努力を続けてまいります。

また現在、チームは2017-18シーズンの終盤を迎えておりますが、今回のライセンス判定結果に関わらず、
チーム目標であるB2優勝に向けてチーム・運営が一丸となり戦ってまいりますので、
ファンの皆さま、スポンサーの皆さまには、今後とも変わらぬご声援・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

◆Fイーグルス名古屋 坂口肇代表のコメント

来シーズンに向け、B1ライセンスの申請をしておりましたが、この度リーグから来期の当チームライセンスはB2ライセンスを付与する旨の決定連絡を受けました。

シーズンを通して「B2優勝、B1昇格」を目標にプレーしてきた選手には、申し訳ない気持ちで一杯です。
また、シーズンを通して「B2優勝、B1昇格」を応援いただいたファンの皆さまには大変申し訳なく、お詫び申し上げます。

今回の決定に関しては5000人収容のアリーナ計画に課題が残ったものです。

ただ、今シーズンの「B2優勝!」という目標は依然、我がチームの最大の目標です。
チーム一丸となり、この目標達成に邁進したいと思いますので、ファンの皆さま・関係者の皆さまにおかれましては、引き続き応援・サポートをお願い申し上げます。

 

<ご参考>

B.LEAGUE公式サイト:https://www.bleague.jp/news_detail/id=30211

RELATED

関連ニュース